Brotherの複合機DCP-J978Nを買いました。

パソコン
この記事は約3分で読めます。

【速報】エプソンは買いませんでした。

8年前に購入したエプソンのEP-703Aがどうしても黄色が詰まりやすくヘッドクリーニングなんてしてたらすぐ全部のインクが無くなってしまうので買い替えてしまいました。 複合機ですね複合機。ブラウザですねちなみに、メーカーはブラウザーです(格言)

デデーン!

DCP-J978Nの嬉しいところ

まず今まで使っていたEP-703Aと大きく違うところが4色インクというところ。写真印刷は迷わず6色!と巷では言われておりますが、写真の他にも年賀状も印刷するのでIC6CL50を毎年買っていたら破産してします。このブラザーは4色セット3500円程度で買えるのが嬉しいですね。ただし田舎の家電量販店では店頭在庫が無いという噂が…。夜遅くまでやっているドン・キホーテにあるか今度探してみます。

黒の容量が多いのがGood

さらに本体が少しコンパクトになり、用紙は2種類同時前差し、インクは右側をパカと開示し挿入するタイプなのでEP-703と違ってわざわざ設定でヘッドユニットをインク交換位置まで持ってくる必要が無いのでスピーディーにインクを交換できます。さらにADF(自動原稿送り機能)が搭載しています。ちなみにWi-Fi付き、CD/DVDレーベル印刷機能付きで1万円というお買い得感たっぷりの製品でした。本当は白が欲しかったんですが、2000円ほど高かったのでそこはケチりました。

液晶ディスプレイがついているので操作も楽チン!です。感圧式と思われるタッチパネル。

Wi-Fi設定は楽な方です

無線LANは便利だけど設定だけは面倒で嫌いな僕ですが、皆さんちょっと待って素直にルーターとプリンタをWiFi接続で全て解決したわ。
J978N「ルーターに接続して」→タッチパネルなのでキー入力は割と楽にできました。
J978N「アップデートがあります」→プリンタ単体でネット接続、F/Wのアップデートとかかなり斬新で楽しい。
つまりスマホとプリンタを直接つなぐとスマホのWiFiがネットと切れるし色々と面倒だからルーターを介せばスマホもプリンタもネットにも常時つながる。
「設定は楽」と言ったのも釣りではなくガチで書いた。
ソースはブラザーの無線LANかんたん設定ガイド

接続イメージはこんな感じ。

どういう理屈かは知りませんがプリンタをWi-Fiルーターを介しネットに接続するとそのルーターに接続したスマホからプリンタを発見できるので接続してしまえばそこから印刷が出来るようになりました。スマホ側にはアプリが必要ですけどね。

とにかくプリンタをまずルーターに接続させちゃえばヨシ!ということです。インターネットに繋がった瞬間ファームウェアの更新通知が来たのでアップデートしました。

顔料ブラックインクが嬉しい

最初に印刷したチェックシートを試しに一部だけ水滴を掛けて濡らしてみました。それをスキャンしたものです。カラーは滲んでいますが、黒は滲んでいません!これが嬉しい!

文字に青が含まれていたので右側は滲んでいますが線はハッキリしていると思います。モノクロ印刷なら多少水に濡れても安心ですね。染料と違って完全に読めなくなるというシーンは少なくなりそうです。

小ネタ(破壊しかけた)

左側にSDカードスロットがあるんですがSDカードが出っ張るため挿したままだとカバーが閉じれません。そのためサンワサプライから発売されていたMac用の短いSDカードアダプタを挿したら全くエジェクト出来なくて破壊しかけました。

これです。挿入したら恐ろしいほどツライチになり、ピンセットでようやく取り外せました。届いて4時間後なのに破壊するところでした。これが使えればSDカードを挿しっぱなしに出来るんですが…。


タイトルとURLをコピーしました