楽天モバイルの電波を掴まない原因を考察

Xiaomi
この記事は約3分で読めます。

いつものガバガバ考察記事です。常に頓珍漢な事を書いている可能性がある記事です。

楽天モバイルのエリア内にも関わらず、いつまでも圏外…

先日届いたPoco M4 Pro 5Gに楽天SIMを刺したところ、楽天回線(Band3)エリア内に関わらず圏外のまま一切通信・通話ができず虚しい日々が過ぎるばかりでした。さらに楽天5Gエリア(n77)に移動し電波状況を確認しに行っても相変わらず圏外のままで愕然としました。SIMカード、または端末本体に問題があると返品処理などがとても面倒な為です。

しかし、ネットの記事を漁っていると「”MTKエンジニアリングモード”でVolte化する」なるものがあると知りました。Androidの隠しコマンドがいくつかある事は知っていましたが(隙自語)、一見するとVolteとは関係無さそうだし、バンド固定も興味無かったので今までスルーしてきました。

しかし、前述したとおり初期不良が怖いので端末の状態を確認するためアレコレ試す事にしました。

楽天モバイルエリア内は決して低品質な回線ではない(気がする)

↓↓最終的にこの記事に辿り着きました↓↓

楽天モバイル/Rakuten UN-LIMITまとめ (開通状況、対応機種、APN情報とか)
https://seesaawiki.jp/rakuten-unlimit/d/VoLTE%B2%BD

自分もこの記事の通りダイヤラからエンジニアリングモード(*#*#3646633#*#*)を起動し、

Misc Feature Config

hVolteを再タップ(選択)して閉じるだけ

という簡単な工程を試したらあっさり開通し電波はバリ5となりVolteも有効になりました。通話も通信も出来て、5G(Sub6)回線は下り500Mbpsという人生初の高速モバイル通信をまさかのローソンで体験する事が出来るとは…。

上記の記事にあるように、簡単に言うと海外の開発者はまだRakutenモバイルという通信会社なんざ知る由もなく、通信会社のリストに無いRakutenという電波が来ていても端末君が「“Rakuten”って何だ!?」状態となって驚いて通信を拒否してしまっているのでしょう。

いつのまにか圏外になっている時もある!?

このガバガバ記事を書いているとちょうどMIUI12.5.7(POCO)のアップデートが降ってきました。再起動すると今まで圏外だった電波も元通りLTEバリ5になったかと思ったら、また圏外になったので、最後の一発くれてやるとオルァ!と再度MTKエンジニアリングモードを起動しhVolteを叩いて今のところバリ5のまま安定しています。

不安定な方は自己責任になりますがバンド固定やLTE Onlyも試してみると良いかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました