スズキ ジムニーシエラのディスプレイオーディオを選ぶ(妄想編)

車の話
この記事は約2分で読めます。

現時点ならコレを選ぶ!という妄想編です。実際に購入しての記事ではありません。

さっそくジムニーシエラのディスプレイオーディオを選ぼう!

DMH-SZ700

パイオニア DMH-SZ700 価格比較
■最安価格(税込):49,800円 ■店頭参考価格帯:54,800円〜59,800円 ■価格.com売れ筋ランキング:2位 ■満足度レビュー:4.04(9人) ■クチコミ:417件 (※12月30日時点)

SZ700は

・FLACが再生可能
・Android Auto、CarPlayが使える
・システムの構成がシンプルでコンパクトな筐体

が個人的なお気に入りポイントです。

一方で

・動作がもっさり
・USBがType-Cコネクタ1ポートだけ

など例えばUSBメモリに保存されている音楽を再生している時にナビが必要になった時にUSBポートが一つしかないので音楽が聞けなくなってしまいます。

スマホに純粋に楽曲だけ入っていれば良いですが、自分の場合はスマホ内には例の700さんや野獣先輩など他の音声ファイルが入っているため、シャニマスの曲とその不穏な音声がシャッフル再生されるので車内は地獄絵図になってしまいます。

現在僕の愛車であるインプレッサG4にも取り付けて多少の不満はあるものの、価格も安く機能も豊富で「コレしか無い!」と思って使い続けています。部品の供給が安定してきたようで、5万円を切る価格で販売している店舗が出てきました。

パイオニア カーオーディオ カロッツェリア DMH-SZ700 6.8型 Amazon Alexa搭載 AppleCarPlay AndroidAuto™対応 2DIN Bluetooth/USB
運転中も音声認識機能でスマートに操作 iPhoneのSiriアイズフリーによる目的地の検索や楽曲の呼び出しと再生、発話によるハンズフリー通話、テキストメッセージの送信などが可能です。 スマートフォン(Android)の音声認識機能による目的地の検索や楽曲の呼び出しと再生、発話によるハンズフリー通話、テキストメッセージの...

スズキ純正品番 99000-79BM7

純正でええやろの精神。写真を見る限りパイオニアのFH-9300DVSと思われます。

FH-9300DVS | AVメインユニット | カーナビ・カーAV(carrozzeria) | パイオニア株式会社
Apple CarPlay、Android Autoに対応した2Dオーディオの最高峰。カロッツェリアのAVメインユニット「FH-9300DVS」の特長紹介ページです。

主な機能はSZ700に近いモデルですが、CD・DVDが読み込めるのが大きなポイントとなります。

カタログをサラっと見た感じだと

・FLAC再生
・ Android Auto、CarPlay

など個人的に必要な機能は揃っているうえに、取付費用込みで57000円程度と価格も安く、わざわざ部品を持ち込む手間も省けます。

カロッツェリア(パイオニア) カーオーディオ AppleCarPlay AndroidAuto対応 2DIN CD/DVD/USB/Bluetooth FH-8500DVS
【FH-8500DVS】 仕様 共通部 使用電圧:DC14.4V(10.8V~15.1V使用可能) 最大消費電流:10A アース方式:マイナスアース方式 使用温度範囲:-10℃~+60℃ モニター部 画面サイズ:6.78型ワイドVGAモニター 画素数:1,152,000画素 方式:TFTアクティブマトリクス方式 バック...

以上、今回紹介したのは2機種だけですが、今後SZ700後継機が出てくることも期待しています♪

タイトルとURLをコピーしました